居眠り運転事故を未然に防ぐ!企業が取り組むべき安全対策とは?

居眠り運転は、深刻な交通事故を引き起こす主要な原因の一つです。

企業が社用車での事故を減らすためには、適切な安全対策の実施が欠かせません。

この記事では、居眠り運転の危険性やリスク要因、そして企業が従業員の安全を守るためにどのような対策を講じるべきかについて詳しく説明します。

スマホやタブレットでの受講も可能

居眠り運転は死亡事故につながる危険な行為

居眠り運転による事故は、ドライバーの反応時間が著しく遅れるか、まったく反応できない状態で発生するため、衝突の衝撃や事故の規模が大きくなりがちです。

企業にとって、社用車を使用する従業員が居眠り運転で事故を引き起こすことは、人的な損失だけでなく、企業の信用失墜や経済的な損害にも直結します。

従業員の生命を守り、企業の責任を果たすためにも、居眠り運転のリスクに対処することは経営上の重要事項といえるでしょう。

居眠り運転の主なリスク要因

居眠り運転を引き起こすさまざまなリスク要因を理解し、それらに対処することが事故防止の鍵となります。

ここでは、特に注意すべき要因について詳しく見ていきましょう。

疲れや睡眠不足

居眠り運転の一般的な原因として、疲れと睡眠不足が挙げられます。

運転を始める前の大前提として、疲労や睡眠不足を感じた場合は、運転を避けるべきです。

体が疲れている状態や十分な睡眠を取っていない場合、運転の安全性が著しく低下し、居眠り運転のリスクが高まります。

もし運転中に眠気や疲労を感じたら、すぐに安全な場所に車を停めて休憩を取り、必要なら短い仮眠を取りましょう。

さらに、居眠り運転を未然に防ぐための根本的な対策として、日常的に適切な睡眠時間を確保することも大切です。

健康的な生活習慣を維持し、規則正しい睡眠を心がけることで、運転時の注意力を保つことができます。

運転者が自身の健康状態を正しく把握し、疲れや睡眠不足を感じた際には運転を控えることが、安全を守るためにもっとも重要です。

病気

たとえしっかりと睡眠を取っているように感じても、日中に突然眠気が襲ってくることがあります。

この場合、睡眠時無呼吸症候群やナルコレプシーなどの病気の可能性が考えられます。

日中に異常な眠気を感じたり、夜にぐっすり眠れていない感じがしたりする場合は、医療機関を訪れて相談してみてください。

早めに気付いて対処することで、運転中の安全を守れます。

薬や食事の影響

道路交通法では、「過労、病気、薬物の影響その他の理由で正常な運転が困難な状態では、車を運転してはならない」と規定されています。

参考:道路交通法施行規則 第六十六条

市販されている一般的な風邪薬にも、眠気を誘発する成分が含まれていることがあるため、運転前の服用は避けた方が良いでしょう。

また、食事の影響についても注意が必要です。

特に、食後に血糖値が急激に上昇し、その後急降下する「血糖値スパイク」は、眠気を引き起こす一因となります。

炭水化物や糖質を多く含む食事は、この血糖値スパイクが起きやすいため、炭水化物単体の食事を避ける、食べる順番を工夫するといった対策が必要です。

居眠り運転が起きやすい運転環境

高速道路や長い直線道路のように、単調な運転が続く環境は、運転者の注意力を散漫にし、眠気を誘うことがあります。

このような条件下では、運転の単調さが集中力を低下させ、居眠り運転のリスクを高めます。

ガムを噛む、同乗者と会話する、車内の空気を入れ替えるなど、眠気を防ぐために工夫してみましょう。

万が一運転中に眠気を感じた場合は、安全な場所に車を停めて、短時間の休息を取ることも重要です。

企業が実施できる具体的な居眠り運転対策

企業が社用車による事故を減らすためには、居眠り運転のリスクを最小限に抑える対策が不可欠です。

以下に紹介するのは、企業として取り組むべき具体的な居眠り運転対策です。

これらの対策を通じて、安全な運転環境の確保と事故防止に努めましょう。

長時間運転を避けるため運行計画を作成する

長時間運転による過労は、居眠り運転の大きな原因の一つです。

過労による居眠り運転は、場合によっては「過労運転」とみなされ、運転手だけでなく企業にも責任が及ぶことがあります。

これを避けるためにも、運転業務のシフトを適切に管理し、従業員が十分な休息を取れるようにすることが大切です。

企業が積極的に勤務時間の調整や休息時間の確保に努めることで、従業員の過労を防ぎ、居眠り運転のリスクを減らせます。

従業員の安全を確保し、企業の社会的責任を果たすためにも、運行計画の作成は、優先して取り組むべき課題といえます。

交通安全教育を強化する

従業員の安全意識を高め、居眠り運転を含むさまざまな要因による交通事故を予防するために、交通安全教育の強化にも注力したいところです。

社内講習を開催する、自動車学校の交通安全運転講習を利用するなどして、安全運転の知識を深めることへの重要性を周知していきましょう。

また、JAF交通安全トレーニングのようなeラーニング教材を活用するのもおすすめです。

従業員が自分のペースで学習を進められるため、忙しい業務の中でも継続的に受講できます。

これらの教育プログラムを定期的に実施することで、従業員の安全意識を継続的に高め、安全が最優先されることで交通事故のリスクを減らすことが期待できます。

スマホやタブレットでの受講も可能

従業員の健康管理を徹底する

居眠り運転のリスクを低減するためには、従業員の健康管理も欠かせません。

睡眠時無呼吸症候群のような疾患は、運転中の安全に直接影響を及ぼす可能性があり、早期発見と適切な治療が重要です。

定期的な健康診断に加え、ストレス軽減のためのワークショップや、専門家による健康指導などを取り入れるのも良いでしょう。

従業員の健康的なライフスタイルをサポートすることで、睡眠の質を向上させ、結果的に居眠り運転のリスクを減少させることにもつながります。

安全運転の表彰制度を導入する

従業員の安全運転を促進するために、社内で独自の表彰制度を導入するのも効果的です。

安全運転をおこなっている従業員を定期的に表彰することで、社内全体の安全運転への意識を高め、良い運転習慣を持続的に促します。

表彰制度を通じて、業務を遂行するために無理な運転をするよりも、安全を最優先に考えることが大切であるというメッセージを従業員に伝えられます。

車両管理システムを導入する

企業内の制度を整えるのに加え、さまざまなシステムやITツールの活用も検討の余地があります。

例えば車両管理システムは、企業が業務で使用する車両の情報を効率的に一元管理するためのツールです。

車両の使用状況の把握から、それを運転するドライバーの位置情報に至るまで、社用車の運用に関わるさまざまなデータをリアルタイムで可視化できます。

システムによっては急ブレーキや急ハンドルなどの操作をセンサーで感知しアラートで知らせる機能もあり、事故防止に効果的です。

さらにドライバーごとの運転時間を把握することで運行計画の適正化が図れ、長時間運転による疲労や居眠り運転のリスクを減少させられます。

車両の効率的な運用はもちろん、運搬業務の安全性と効率性を同時に向上させ、ドライバーの安全と健康を守る上でも、車両管理システムの導入は非常に有効です。

ドライブレコーダーを設置する

AI搭載型ドライブレコーダーは、運転の安全性を向上させるのに役立つツールです。

AI搭載型ドライブレコーダーは、リアルタイムで映像を解析し、ドライバーに何らかの異変や危険が生じていると判断した場合、モニター上の通知文や音声ガイダンスを通じて即座に警告を発します。

自分ではつい無理をしてしまいそうな場面でも、ドライブレコーダーの客観的なデータ診断による警告であれば従いやすいでしょう。

ドライバーが自分の運転状態により意識的になり、適時に休息を取るなどの行動によって安全な運転環境が促進されます。

居眠り運転防止ツールを活用する

居眠り運転の対策として、最新技術を活用したさまざまなツールを導入するのも有効な手段です。

例えば、脈拍を検知して眠気の予兆を警告するウェアラブル端末や、まばたきや視線の変化からドライバーの眠気を察知する特殊なメガネなどがあります。

ドライバーが自分でも気付かないうちに眠気や疲労が進行していることをツールが知らせてくれるため、事故のリスクを減らすことができます。

ただし、これらのツールはあくまでも補助的なものであり、100%居眠り運転を防ぐことはできません。

そのため、ツールの使用は、運転者の健康管理や適切な休憩の取り方、安全運転の実践など基本的な対策と組み合わせることが重要です。

まとめ:十分な対策をして居眠り運転を防ごう

居眠り運転による交通事故は避けられる事故の一つであり、企業が積極的に対策を講じることでリスクを大きく減らせます。

そのためには運行計画の作成、従業員の健康管理、安全運転教育、そして最新の安全ツールの活用に至るまで、さまざまなアプローチが必要です。

従業員の安全を確保し、事故を防いで企業の信頼性を高めるためにも、積極的に対策を講じておきたいところです。

さらに、交通安全についての知識を深めるために、JAF交通安全トレーニングのようなeラーニング教材を活用することもおすすめします。

JAF交通安全トレーニングは、従業員が自分のペースで学習を進められるため、交通安全意識をさらに高められます。

安全な運転環境の実現に向けて十分な対策をおこない、企業としての取り組みを強化しましょう。

スマホやタブレットでの受講も可能

JAF交通安全トレーニング

毎日の学習で交通安全意識の向上へ。通勤・通学・あらゆる事故を減らしたい。そんな想いからJAFが長年培ってきた交通安全のノウハウをeラーニング「JAF交通安全トレーニング」として教材化しました。
ABOUT US
アバター画像
JAF交通安全トレーニング事務局
企業様向けの交通安全情報を発信するメディア「JAFトレコラム」の事務局です。 従業員の方の交通安全教育をサポートする配信教材「JAF交通安全トレーニング」を提供する株式会社JAFメディアワークスが運営しています。