【改正法対応】アルコールチェッカーの使い方|企業が注意すべきポイントを解説

2023年12月1日、道路交通法施行規則が改正されました。

これにより、安全運転管理者によるアルコールチェッカーを用いた酒気帯びの有無の確認と、1年間の記録保持、アルコールチェッカーの有効な状態での保持が義務付けられました(道路交通法施行規則 第九条の十)。

そのため、安全運転管理者の選任義務がある企業にとっては、アルコールチェッカーの使い方をしっかりと理解しておく必要があります。

本記事では、アルコールチェッカーの正しい使い方や手順、使用するタイミングを解説します。

アルコールチェッカーが反応しない場合の対応策も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

アルコールチェッカーの正しい使い方・手順

アルコールチェッカーの正しい使い方・手順

アルコールチェッカーを使用する際は、測定から機器のメンテナンスまでの流れを押さえておくことが重要です。

ここでは、それぞれの手順に沿って具体的な進め方を解説します。

1. 種別ごとの用法を理解して測定する

アルコールチェッカーは、測定方法によって主に3つの種類に分類されます。

それぞれ用法が異なるため、あらかじめタイプごとの測定方法を理解しておきましょう。

  • 吹きかけタイプ:機器の吹き込み口に息を吹きかける
  • ストロータイプ:機器に差し込んだストローを咥えて息を吹き込む
  • マウスピースタイプ:機器に専用のマウスピースを装着して息を吹き込む

吹きかけタイプは、ストローの交換やマウスピースの洗浄が不要で、手間がかからない点にメリットがあります。

しかし、周囲の空気を取り込みやすく、息を吹きかける距離次第で測定結果に違いが現れやすい傾向があります。

そのため、計測結果の精度を重視する場合は、呼気以外の影響を受けにくいストロータイプやマウスピースタイプがおすすめです。

2. 測定結果を記録する

アルコールチェッカーの測定結果は記録として残しましょう。

道路交通法施行規則の改正により、次のいずれかの条件に該当する事業所では、安全運転管理者の選任とともにアルコールチェックの1年間の記録保持が義務付けられています。

記録簿に記載する内容は次の通りです。

  • 確認日時
  • 確認者の氏名
  • 運転者の氏名
  • 運転者が使用した自動車の車両識別番号
  • 確認方法
  • 酒気帯びの有無
  • 指示事項
  • その他の必要事項
    参考:交通安全情報|警視庁

なお、紙やデータなどの保存様式は問われません(道路交通法施行規則 第九条の十の二)。

複数の拠点が存在する企業は、業務実態に応じて事業所ごとに記録簿を作成しましょう。

3. 機器の定期的なメンテナンスをおこなう

2023年12月1日からは、安全運転管理者の業務としてアルコールチェックの記録保持に加え、アルコールチェッカーの常時保持が義務化されました(道路交通法施行規則第九条の十)。

そのため、必要に応じていつでもアルコールチェッカーが使用できるよう、定期的な機器のメンテナンスが求められます。

メンテナンス時は次の5つの点を確認すると良いでしょう。

  • 機器本体に損傷がないか
  • スイッチを押すことで確実に電源が入るか
  • 正常呼気で機器が反応しないか
  • アルコール成分を含んだ呼気で正常に機器が反応するか
  • 正常呼気による再測定時に機器が反応しないか

参考:アルコール検知器協議会からのお願い|アルコール検知器協議会

また、機器によって細かいメンテナンス方法が異なる場合もあるため、付属の取扱説明書をしっかりと確認することが大切です。

メンテナンス中に何らかの異常が発生した際は、メーカーに問い合わせましょう。

アルコールチェッカーを使用するタイミング

アルコールチェッカーを使用するタイミング

アルコールチェックをおこなうタイミングは業務の開始前後であり、運転の直前や直後に都度実施する必要はありません。

例えば、自動車を利用する当日の業務開始前および退勤時に確認すれば事足ります。

従業員が直行直帰するなど、対面での確認が難しい場合は、運転者にハンディタイプのアルコールチェッカーを携行させましょう。

さらに、運転者が自己測定をおこなった上で、カメラやモニター、携帯電話などを用いて、安全運転管理者が顔色や声の調子などを確認する必要があります。

対面以外でアルコールチェックをおこなう際は、その確認方法を詳しく記録に残す必要があるため、あらかじめ確認方法を決めておくと良いでしょう。

参考:道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令の施行に伴うアルコール検知器を用いた酒気帯びの有無の確認等について|警察庁

アルコールチェッカーを使用する際の注意点

アルコールチェッカーを使用する際の注意点

酒気帯びの有無を正しく測定するためには、アルコールチェッカーの使用時にいくつか注意すべきポイントが存在します。

以下の点を意識して誤検知を回避しましょう。

測定前にうがいをする

口内の残留物や臭いは、アルコールチェッカーの誤検知を引き起こす要因となります。

そのため、測定前にうがいをして口内を綺麗に洗浄しましょう。

特に、臭いが残りやすいキシリトール・メントール系のガムや飴などを直前に食べていた場合は、入念にうがいをするのがおすすめです。

測定前の発酵食品やエナジードリンクの摂取を控える

発酵食品やエナジードリンク、ノンアルコールビールなどには、微量のアルコール成分が含まれている可能性があります。

微量であってもアルコールチェッカーが反応する場合があるため、注意が必要です。

測定前は上記のような食品・飲料の摂取は控えましょう。

測定前に口腔ケア用品の使用や喫煙をしない

アルコールチェック時は、口腔ケア用品の使用や喫煙も避けるのが無難です。

例えば、歯磨き粉やマウスウォッシュの場合はアルコール成分が、タバコであれば一酸化炭素がアルコールチェッカーに反応する可能性があります。

測定前日でもアルコール摂取は避ける

アルコールチェッカーが誤検知するのは、前日のアルコール成分が抜けきっていない点も理由の一つです。

アルコール成分は体外へと排出されるまでにある程度の時間がかかります。

そのため、測定前日だからといって油断せず、アルコール摂取は控えるか、飲酒する場合でも極めて少量に抑えましょう。

特に日頃から晩酌を楽しんでいる方は、車を運転するスケジュールをしっかりと頭に入れておくことが大切です。

持続的にしっかりと息を吹き込む

機器に息を吹き込む量が少ない、あるいは方法に誤りがある場合も、アルコールチェッカーが正しく反応しない可能性があります。

吹きかけタイプやストロータイプなど、いずれの種類であっても、持続的にしっかりと息を吹き込みましょう。

ただし、二日酔いをごまかすために、少量の息しか吹きかけない従業員もいるかもしれません。

そのため、アルコールチェッカーの使用と同時に、運転者の顔色や呼気の臭いなどを目視でもチェックしましょう。

アルコールチェッカーが反応しない場合の対応策

アルコールチェッカーが反応しない場合の対応策

本番環境でアルコールチェッカーを使用する前に、アルコールを摂取した状態で機器が正常に反応するか、確認しておくのが理想的です。

その際に機器が反応しない場合は何らかの異常があるため、以下のような対応を取ると良いでしょう。

1. 連続使用時は水分が乾燥するまで時間を置く

明らかに飲酒しているのにアルコールチェッカーが反応しない場合、複数人が連続で機器を使用していないか確認します。

この場合、前に使用した人の唾液がセンサーに付着し、正常な反応を妨げている可能性があります。

そのため、センサー付近の水分が乾燥するまで時間を経過させるのが効果的です。

2. 機器の使用期限を確認する

ある程度の時間が経過しても再び誤検知が起こる際は、機器の使用期限を確認します。

アルコールチェッカーは永続的に使用できるわけではなく、機器ごとに有効期間や測定回数の上限が定められています。

取扱説明書などで使用期限を確認し、有効範囲を超えている場合は別の商品に買い替えましょう。

また、一つの機器を長く使用するためにも、定期的なメンテナンスを心がけることが大切です。

3. 取扱説明書を確認するか点検キットを使用する

アルコールチェッカーが反応しない場合は、使用方法の不備や機器の故障も原因として考えられます。

使用方法に問題があるか確認する際は、取扱説明書のFAQを参考にするのがおすすめです。

それでも問題が解消しないなら、機器を再起動した上で、あらためて測定しましょう。

なお、点検キットがあれば、スムーズに機器の動作確認ができて便利です。

4. メーカーに問い合わせる

ここまでにお伝えした方法で問題解決が図れないようなら、メーカーに問い合わせましょう。

アルコールチェッカーはセンサーを搭載した精密機器です。

湿度の高い場所や水を多用する場所で機器を保管すると、センサーに水分が浸透し、故障の原因となります。

水漏れが原因でアルコールチェッカーを使用できない場合も、メーカーに相談するのがおすすめです。

アルコールチェッカーを選ぶ際のポイント

アルコールチェッカーを選ぶ際のポイント

アルコールチェッカーには多種多様な製品があるため、価格以外にも複数の要素を比較することが重要です。

以下で紹介する選び方のポイントを踏まえ、自社に合う適切な製品を見つけましょう。

自社に合った形態を採用する

アルコールチェッカーの形態は、「ハンディタイプ」と「据え置きタイプ」の2種類に分かれます。

それぞれのメリットとデメリットは次の通りです。

ハンディタイプ据え置きタイプ
メリット・小型軽量で持ち運びやすい
・価格が安い傾向にある
・データ管理機能や長寿命など機能性に優れる製品が多い
・対面での利用が前提なので、不正がしにくい
デメリット・据え置きタイプに比べて機能性が見劣りしがち
・盗難や不正のリスクが高まる
・社外への持ち出しが困難
・価格が高い傾向にある

頻繁に直行直帰や出張が発生する事業所では、携帯性に優れるハンディタイプのアルコールチェッカーが向いています。

一方、事務所での車の出庫・帰庫が多い事務所では、据え置きタイプを使用するのがおすすめです。

アルコールチェックの精度を検証する

アルコールチェッカーに搭載されているセンサーには、「半導体式」と「電気化学式・燃料電池式」の2種類があり、それぞれ測定時の精度が異なります。

半導体式は、センサー表面の酸素とアルコールガスが反応し、抵抗値の変化によってガス濃度を測定する仕組みです。

電気化学式・燃料電池式は、アルコールガスが酸化して発生する水素イオンの移動により、反応を検知します。

このように仕組みが異なる分、センサーの特性(メリット・デメリット)にも大きな差が現れます。

半導体式電気化学式・燃料電池式
メリット・価格が安い傾向にある
・反応速度の速い製品が多い
・アルコール以外にはほぼ反応せず高精度
・経年劣化を抑えられるため、長寿命が期待できる
デメリット・アルコール以外にも反応しやすく誤検知のリスクがある・価格が高い傾向にある
・測定にやや時間がかかる

機器の機能性にも着目する

アルコールチェッカーの利便性を重視するなら、付帯機能にも着目しましょう。

例えば、モバイルアプリでの顔認証やクラウドへの自動データ送信ができる、AI搭載のアルコールチェッカーもあります。

そのほか、メール・SNSによる測定結果の共有機能や、電池の無駄遣いを抑えるオートパワーオフ機能が搭載された製品も存在します。

このような機能を厳選すれば、アルコールチェック時の業務効率化にも効果を発揮するでしょう。

まとめ:アルコールチェッカーの使い方を理解して適正な測定を実施しよう

アルコールチェッカーの使い方を理解して適正な測定を実施しよう

万一、従業員が酒気帯び運転で事故を起こした場合、企業の社会的信用に大きなキズが付いてしまいます。

そのため、義務的にアルコールチェックをおこなうのではなく、リスクマネジメントの観点から適正な測定・管理方法を確立することが重要です。

JAFメディアワークスは、交通安全意識の向上に向けたeラーニング「JAF交通安全トレーニング」を提供しています。

組織全体で交通事故を予防するには、今回紹介したアルコールチェック以外にも、企業ドライバーとしての心構えやエマージェンシーテクニックなど、交通安全に関する体系的な知識を養う必要があるでしょう。

JAF交通安全トレーニングでは、スライド講座や○×テストなどの教材を通じて従業員のリテラシー向上が図れるため、ぜひ導入をご検討ください。

JAF交通安全トレーニング

毎日の学習で交通安全意識の向上へ。通勤・通学・あらゆる事故を減らしたい。そんな想いからJAFが長年培ってきた交通安全のノウハウをeラーニング「JAF交通安全トレーニング」として教材化しました。