アルコールチェックの基準値とは?酒気帯び運転の罰則も解説

飲酒運転による悲惨な事故を減らすため、2022年4月1日から一定台数以上の自動車を使用する事業所でアルコールチェックの義務化が開始されました。

しかし「アルコールチェックの基準値についてよくわからない」と悩みを抱えている事業所は少なくないのではないでしょうか。

本記事では、アルコールチェックの基準値や飲酒運転による罰則、アルコールチェックを適切に実施するためのポイントを紹介します。

運転者が自身を律するだけでなく、事業所の安全運転管理も重要です。

アルコールチェックの基準値や運用の注意点を知りたい方は、参考にしてください。

スマホやタブレットでの受講も可能

酒気帯び運転となるアルコールチェックの基準値とは

酒気帯び運転または酒酔い運転となるアルコールチェックの基準値を解説します。

酒気帯び運転の基準値

酒気帯び運転とは、体内にアルコールが残った状態で自動車を運転することです。

運転者が「酔っていない」と言っても、呼気中のアルコール濃度数値が1Lに対して0.15mg以上の状態であれば酒気帯び運転とみなされます。

酒酔い運転の基準値

酒酔い運転とは、アルコールチェッカーで測定したアルコールの濃度数値に関係なく、アルコールの影響で正常に運転ができない恐れがある状態を指します。

酒酔い運転と判断される具体的な例は、以下を参考にしてください。

  • 質疑応答中に呂律が回っていない
  • 正常な受け答えができない
  • 直線(白線)の上をまっすぐ歩けない
  • 標識を正しく認識できない

運転者に以上の症状が見られると、酔っ払っている状態と判断されます。

呼気中のアルコール濃度数値に関わらず、その場で検挙されてしまいますので注意が必要です。

また、アルコールを摂取すると、たとえ少量でも脳の機能を麻痺させる作用があります。

アルコールを摂取していないときと比べ、視力や注意力、判断力の低下などを招き、交通事故を起こす確率が高いです。

アルコールチェックの基準値を超えて運転した場合の罰則

アルコールチェックの基準値を超えているにも関わらず、運転した場合の罰則を紹介します。

酒気帯び運転の罰則

酒気帯び運転をした場合、運転者は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科されます。

行政処分については、以下の表をご覧ください。

呼気中アルコール濃度違反点数処分
0.15㎎以上0.25㎎未満13点最低90日間の免許停止
0.25㎎以上25点免許取り消し処分および最低2年間の欠格期間
参照:警視庁 (前歴およびその他の累積点数がない場合)

欠格期間とは、免許が取り消された後、運転免許の再取得が許可されない期間のことです。

酒気帯び運転の行政処分は、呼気中のアルコール濃度により違反点数や処分に違いが生じます。

飲酒運転の前歴がある人や累積点数が多い人は、より処分が重くなるといわれています。

酒酔い運転の罰則

酒酔い運転をしてしまった場合、運転者は5年以下の懲役または100万円以下の罰金が科されます。

行政処分は以下のとおりです。

呼気中アルコール濃度違反点数処分
基準値なし35点免許取消しおよび欠格期間3年
参照:警視庁

アルコールチェックの基準値を下回っていても、運転に影響が出ていると判断されれば、重大な行政処分を受けます。

酒類を提供した・同乗した人への罰則

運転手の飲酒を知りながらも運転をさせたり、運転者に対して飲酒を勧めたりした場合は以下のような罰則が科せられます。

酒気帯び運転の場合

車両等を提供した者3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
酒類の提供者・同乗者2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

酒酔い運転をした場合

車両等を提供した者5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
酒類の提供者・同乗者3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
参照:警視庁

飲酒運転をする可能性がある人に自動車を貸したり、飲酒運転と知りながら同乗したりするのも罪に問われます。

従業員が飲酒運転をした企業への罰則

従業員が業務中に飲酒運転をした場合、企業の責任も問われます。

酒を飲んだ従業員に車両を提供したり、これから運転する従業員に飲酒を勧めたりすると、企業側も罰則を科されるので注意してください。

社用車での事故なら運行供用者責任を問われ、従業員のマイカーであっても業務中なら使用者責任が問われるのが一般的です。

飲酒運転による事故は、企業の社会的信用を失うことにもつながります。

企業はアルコールチェックの徹底や安全運転教育の実施など、飲酒運転防止に努めていかなければなりません。

アルコールチェックの基準値に関する注意点

アルコールチェックの基準値と照らし合わせるには、運転者のアルコール濃度数値を正しく測定しなければなりません。

アルコール濃度数値を正しく読み取るために、押さえておきたい注意点を解説します。

飲酒をしていなくても反応する場合がある

運転者が飲酒をしていなくてもアルコール検知器が反応する場合があります。

運転者が測定直前に飲食をしたり、歯磨き粉やマウスウォッシュを使用したりするとアルコール値が検知されることがあります。

運転者の体調や体質、薬の服用、喫煙でも反応する場合があります。

また、喫煙直後の口腔内に一酸化炭素が残っていると、アルコール検知器が反応しやすいです。

誤検知を避けるためにも、従業員にアルコール検知器を使用するルールや注意事項を共有することをおすすめします。

また、アルコールチェックを実施する測定場所にも注意が必要です。

消臭剤や芳香剤、掃除用クリーナーなどアルコール成分が含まれる製品を使用した場所で測定すると、誤反応する可能性があります。

アルコールチェックをする前に、十分に換気するか、別の場所で確認をするなどの対策をしましょう。

運転する前日は飲酒を控える

運転する前日は飲酒を控えましょう。

サントリーホールディングス株式会社によると、アルコールが肝臓で分解されるスピードは、体重が約60〜70kgの人で1時間に5〜7g程度といわれており、500mlのビール1缶(アルコール含有量20g)のアルコールを分解し体外へ排出されるまでに約3〜4時間必要です。

また、睡眠中はアルコールの分解の速度が、起きている時よりも遅くなるため、前日のアルコールが抜けていないかもしれません。

そもそも、翌日に運転する予定がある従業員には、前日に飲酒しないように注意を呼びかけることをおすすめします。

故障により誤った数値が出る場合がある

アルコール検知器に故障や不具合が起きることで、誤った数値が出る場合もあるので注意しましょう。

アルコール検知器のセンサーは、半永久的に使用できるわけではなく、経年劣化がおこります。

メンテナンスや管理状況、使用環境によっては、故障につながり誤った数値が出るかもしれません。

精度の高い数値を測定するためにも、日々の点検や定期交換も忘れないでください。

ただし、アルコール検知器のメンテナンスには注意が必要です。

アルコール除菌シートで検知器を拭いたり、アルコール除菌スプレーを検知器に直接吹きかけたりすると誤反応が起こりやすくなります。

本体の汚れは、乾いた柔らかい布で軽く拭き取りましょう。

マウスピースの汚れは、次亜塩素酸かアルコールを含んでいない除菌剤を使用してみてください。

誤検知を減らすために、アルコールを含む除菌剤の近くには、アルコール検知器の保管・設置は避けるのがおすすめです。

アルコール検知器に付属された取扱説明書を読み、使用回数や使用期限、メンテナンス方法をきちんと守りましょう。

アルコールチェックを適切に実施するためのポイント

アルコールチェックを適切に実施するためのポイントを紹介します。

測定前にうがいをする

アルコール検知器を使用する前に、運転者にうがいをさせましょう。

口内に食べ物や飲み物が残ったままだと、誤検知する可能性があります。

ただし、うがい薬や歯磨き粉、マウスウォッシュのような口腔ケア用品を使用した直後は誤反応を引き起こすかもしれないので、水でうがいすることをおすすめします。

測定前に飲食をしない

運転者は測定前に飲食しないことも、正確な数値を知るのに効果的です。

アルコール検知器に反応が出やすい飲食物の例は、以下を参考にしてください。

  • キムチ
  • 味噌汁
  • 蒸しパン
  • ノンアルコールビール
  • エナジードリンク
  • チョコレート
  • 塩辛

キムチや味噌、パンなどの発酵食品は、アルコール検知器が反応しやすいです。

ノンアルコールと表記されたビールやチューハイにも、微量のアルコールが含まれている場合があります。

しっかりと息を吹きかける

アルコール検知器は、しっかりと息を吹きかけなければ正確な測定ができないので注意しましょう。

少量の息では検知器が読み取れず、精度の高い結果が得られません。

また、アルコール検知器によって息を吹きかける時間の長さが決まっています。

使用する前に説明書などで確認し、従業員に検知器の使用方法について周知させましょう。

対面でおこなう

アルコール検知器を使用したアルコールチェックは、対面でおこなうことが原則です。

直行直帰のように対面でおこなうのが難しい場合は、運転者との電話やビデオ通話で確認してください。

アルコール検知器の測定結果だけでなく、以下の項目についても確認する必要があります。

  • 顔色
  • 呼気のにおい
  • 声の調子
  • 問いかけに対する応答
  • アルコール検知器は場合によっては、誤作動や故障が起こる場合があります。

アルコール検知器での測定だけでなく、目視等の確認も重要です。

違反の基準値に達していなくても、運転者の応答がおかしければ、安全な運転ができるとはいえません。

安全運転が可能かどうかを総合的に判断し、安全な運行に不安があれば運転業務をさせないようにしましょう。

アルコールチェックの義務化で企業がやるべきこと

アルコールチェックの義務化で企業がやるべきことを紹介します。

安全運転管理者の選任状況の確認

アルコールチェックが義務付けられる事業所の基準と安全運転管理者の選任基準は同じです。

一定台数以上の自動車を使用する事業所は、安全運転管理者および副安全運転管理者を選任しなければなりません。(道路交通法第七十四条の三第一項

安全運転管理者の選任状況を確認しておきましょう。

アルコール検知器の用意

2023年12月1日から、検知器を用いたアルコールチェックが一定台数以上の自動車を使用する事業所に義務付けられました。

事業所ごとに、アルコール検知器を用意する必要があります。

直行直帰や出張など、事業所以外で業務を開始する場合は、アルコール検知器を運転者に携行させましょう。

アルコール検知器はメーカーによって使用回数や使用期間があるので、説明書などで確認して正しく使用してください。

チェックフローの確立

アルコールチェックに関するルールを明文化し、チェックフローを確立するのも必須です。

安全運転管理者が不在の場合や運転者が直行直帰の場合など、あらゆる状況を想定したチェックフローが必要になります。

運転者への周知と安全運転教育

自動車を運転するすべての従業員に、アルコールチェックの重要性や飲酒運転の危険性を周知させましょう。

飲酒運転で捕まった場合の周囲への影響を伝えることで、コンプライアンスの意識を高める効果があります。

社内研修や外部セミナーを活用しながら、安全運転教育を実施しましょう。

場所や時間を問わず受講できるeラーニングを活用するのがおすすめです。

JAF交通安全トレーニング」は、JAFが長年培った交通安全ノウハウを従業員向けに配信しています。

短時間で学べるコンテンツが豊富なので、交通安全の意識を高めるのに効果的です。

スマホやタブレットでの受講も可能

まとめ:アルコールチェックの基準値に注意し安全運転管理を実施しよう

アルコールチェックで反応が出た場合、基準値に関わらず運転をさせないようにしましょう。

基準値を下回った場合でも、アルコールの摂取により危険察知の能力や判断能力が低下していることがあります。

基準値の結果だけに頼らず、安全運転管理者が運転者の顔色や受け答えなど総合的に判断することが重要です。

また、アルコールチェックで正確に測定するためには、日々の点検やメンテナンスを欠かさずに実施する必要があります。

アルコールチェックの管理・運用方法をきちんと周知し、従業員の安全運転に対する意識を高めていきましょう。

スマホやタブレットでの受講も可能

JAF交通安全トレーニング

毎日の学習で交通安全意識の向上へ。通勤・通学・あらゆる事故を減らしたい。そんな想いからJAFが長年培ってきた交通安全のノウハウをeラーニング「JAF交通安全トレーニング」として教材化しました。